トップページへ
誤報とは、誤って110番非常通報装置を作動させてしまったケースです。

誤報であっても、通報を受理すると即時に現場へのパトカーの出動や警察官等がかけつけるなどの緊急措置をとります。このように、誤報の発報は、無用な警察活動等を強いるだけでなく、お客様等にも心配をかけてしまいます。

誤報の原因は、その大半が不注意によるものです。

当協会では、通報システムが有効に活用され、効果的な警察活動等を確保するために誤報防止のための指導を行っています。又、誤報が発生した際は、その都度、誤報原因の調査を行うとともに誤報の再発防止について助言を行っています。   

Copyright© 日本防災通信協会 All rights reserved.