トップページへ
「設置事業所」に対しては、110番非常通報装置が常に正しく作動するよう、保守事業者が適切に保守を実施するとともに、保守を実施した後は当協会と連携して警察本部指令室と接続テストを行い、機能の確認を行います。更に保守事業者では、遠隔監視の実施や、異常の際には各地の保守担当者が直ちにかけつけるなど万全の体制を整えています。

当協会では、保守業務が常に適切に実施されるよう指導や監督を行っています。

Copyright© 日本防災通信協会 All rights reserved.