トップページへ
協会の概要

公益財団法人日本防災通信協会は、本部を東京都千代田区に置き、東京をはじめ北海道から沖縄まで全国46都道府県(大阪府を除く。)に支部を置いて活動する公益法人です。

当協会は、警察と連携して防犯意識を啓発し、『110番非常通報装置』を普及させ、それを適正かつ効果的に運用・活用することなどにより、金融機関における強盗事件や学校、児童福祉施設等における不審者侵入事件等に対する防犯活動を支援し、安全で安心して生活できる社会の実現に寄与することを事業の目的としています。

具体的な事業活動内容については、事業をご覧ください。

【注】「110番非常通報装置」とは
 金融機関、学校、児童福祉施設その他の公共的施設、重要防護対象又はこれに準ずる施設のうち、事案が発生した場合の社会的影響等諸般の事情を勘案して警察が適当と認めた施設に設置できるもので、緊急通報を行うべき事案が発生した場合に、通常の110番通報を行うことが困難であるときに使用できる「110番への自動通報装置」のことをいいます。

Copyright© 日本防災通信協会 All rights reserved.